ヤンヒーダイエットの注文方法について

ヤンヒー病院の処方するヤンヒーダイエットについて
ドクターが個別に処方してくれる肥満治療のダイエット薬というのは下記ページでご説明致しました。

 

やせる薬:ヤンヒーダイエットについて

 

個人輸入の代行サイトを使って簡単に注文が出来るとご説明致しましたが簡単にと言っても通常のネットショップの注文方法とは若干異なります。

個人輸入サイトでの注文方法をご説明させていただきます。

 

個人輸入と個人輸入代行サービスについて

あまり聞きなれない言葉ですが、日本国内でヤンヒーダイエットを注文する際は個人輸入という形で購入します。

 

海外の商品を日本国内で購入する場合は、日本の商社が海外の商品を輸入し国内の店舗で販売します。

これと同じように注文者が直接海外の商品を購入するのですが、個人で輸入する形となるので「個人輸入」となります。

 

個人で商品を輸入する場合、通関の海外からの発送方法の指示や通関の手続きなどかなり面倒な作業があります。

それらの面倒な手間を代行して商品を購入・発送してくれるのがネットにあります「個人輸入代行サービス」になります。

 

商品毎に代行してくれるサイトが異なりますが今回はヤンヒーダイエットを代行してくれる個人輸入代行サービスに限定してご説明させていただきます。

 

ヤンヒーダイエットの輸入代行の流れ

先にもご説明致しましたが、ヤンヒーダイエットは主にインターネットにある輸入代行のサイトを通じて入手することができます。

個人輸入代行サイトの注文フォームから必要事項を入力しオーダーすると、代行がオーダー者に代わって病院に赴き薬を処方してもらい、海外から発送する流れとなっております。

実際に病院に行って処方・その後発送となりますので注文から約2~3週間ほどかります。

 

個人輸入代行の流れ

 

ヤンヒーダイエットの注文方法

では輸入代行サービスに申込み(オーダー)するにはどういう方法で注文するのでしょうか?

こちらがパステル(http://www.pastel-pastel.org/)のHPです。ヤンヒーダイエットだけではなくダイエット薬のMDクリニックの代行も扱っています。

ヤンヒーダイエットパステル

4種類のヤンヒーダイエットの商品があります。

■ヤンヒーホスピタルダイエット体験版
通常のヤンヒーダイエットは4週間分ですがこちらは半分の2週間分のお試しの商品です。
医薬品は効果も強いですが思わぬ副作用がある場合もあります。初めて使用する人はこの体験版から試してみることをお勧めします。
■ヤンヒーホスピタルダイエット通常版
基本的なヤンヒーダイエットがこの通常版になります。4週間分の分量で昼食前と就寝前の1日2回服用になります。
■ヤンヒーホスピタルダイエット特別処方
ダイエット薬に限らず、医薬品は長期間継続して服用していると抗体ができ、薬の効果が弱くなってしまうことがあります。
この特別処方はそういった抗体ができてしまった方向けの強めの処方薬になります。分量や飲む回数は通常版と一緒です。
■ヤンヒーホスピタルリバウンド防止薬
ダイエット薬は飲むだけで痩せることが出来ますが、一番の問題は服用を中止した後も体系を維持することになります。
リバウンド防止薬は服用の中止の落差を無くし、ゆるやかに通常の状態に戻すためのお薬です。

 

あわせて読みたい